知っておきたいマンション売却の基礎知識

不動産屋の良し悪しがわかる契約期間の決め方

不動産屋の良し悪しがわかる契約期間の決め方

 こちらのページでは、いい不動産か悪い不動産か判断できる、
契約期間決め方について解説しております(^^)

 


 

 不動産屋にマンションの売却を依頼する際、必ず媒介契約を結びます。
ほとんどの方が専属専任媒介契約専任媒介契約を結ぶと思いますが、
どちらも3ヶ月以内で契約期間を決めなければなりません!

 

契約期間はこちら(売主)が決める権利がありますので、
不動産屋の言われるがままだと、最長の3ヶ月と言われると思います。

 

しかし言われるがまま3ヶ月にしてしまうと、
その不動産屋の良し悪しを判断する材料を、1つ減らしてしまうことになってしまいます。

 

不動産屋はCMなんかでは、「お客様第一!」とか「信頼・実績がある!」とか、
いいことばかり宣伝していますが、実際その不動産屋の店舗はどうなのか、
担当者はどうなのかで大きく変わってきます。

 

ここで契約期間の決め方によって、
いい不動産屋か悪い不動産屋か判断する方法があります。

 

それは...

まずは1ヶ月で様子を見て、よければ更新する!”という方法です。

 

1週間とか2週間ではさすがに不動産屋も動きようがないので、
ひととおりの宣伝活動ができる1ヶ月を指定します。

 

1ヶ月間の不動産屋の宣伝活動や電話連絡などを見てみて、
本当にきちんと働いてくれているか、担当者は信頼できる人物かなどを判断します。

 

ここでもし不満があるようなら1ヶ月で契約終了し、
別の不動産屋に依頼すればよいだけです。

 

もしきちんと宣伝活動もしてくれ、信頼のおける担当者に出会えた場合は、
1ヶ月の契約期間を更新して、さらに1ヶ月〜3ヶ月の契約をすればいいのです。
不動産屋は売買契約してはじめて成功報酬なので、費用は一切かかりません!

 

不動産屋には、「まずは1ヶ月でお願いします。」と言ってください。
ここでもし「う〜ん、1ヶ月ではさすがに無理です。」って言うのか、
「はい!1ヶ月でできるだけがんばらせていただきます!」って言うのかで、
ある程度その不動産屋の質がわかりますね。

 

ページの一番上へ>          次のページ→不動産屋がする販売活動

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→