知っておきたいマンション売却の基礎知識

マンションを「売る」のは「買う」より難しい

マンションを「売る」のは「買う」より難しい理由

 こちらのページでは、
マンションを「売る」のは「買う」より難しい理由について解説しております(^^)

 


 

 不動産屋は「マンションを「売る」のは「買う」より難しい」と言います。
それはなぜか?......売りたい人はわがままだからです(^^;)

 

マンションを売る場合はだいたい新しくマイホームを購入したりします。
売主としてはマイホーム購入資金にあてたいので、できるだけ高く売りたいのです!
住宅ローンがまだ残っている場合は、住宅ローンを完済できる価格では売りたいでしょう。

 

だから「この価格でないと売れない!」というある意味限定的な条件がつきます。
なんでもそうですが、限定されると物件は売りにくくなるものです。

 

また「今年中に売りたい!」という方も多く見受けられます。
これは時間的制約ですが、これも限定的な条件です。

 

今年中に売るとなると、普通は物件価格を少し下げて売る必要があります。
1年なんてあっという間ですから、買主が「おっ!この物件なら買いかも!」と思うような価格でないと売れません。

 

でも売主はわがままですし、「この価格でないと売れない!」とも思っていますから、
不動産屋も四苦八苦です(^^;)

 

 次にマンションを買う場合はどうでしょうか?
マンションを買う場合は自分が購入できるマンションの価格というものを決めていますので、
それを超えた高い物件は消去していくことができます。
選択肢をどんどん絞っていけるので、希望の物件を見つけやすいのです。

 

時間的制約はどうでしょうか?
マンションを買いたい人が「今年中にどうしてもマンションを買わないといけないんです!」っていう人はあんまり見たことないですよね。中にはいるかもしれませんが、かなりまれです。普通はいい物件が見つかるまでじっくり探していきます。

 

このようにマンションを買う場合は、選択肢を絞っていけること時間的制約がないことで、「売る」よりは容易になります。

 

以上がマンションを「売る」のは「買う」より難しい理由です。

 

ページの一番上へ>          次のページ→「このマンション限定で探しておられるお客様がおられます。」というチラシの真意

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→