知っておきたいマンション売却の基礎知識

不動産屋が悪いことをしている

不動産屋が悪いことをしている

 不動産屋の中には自分の利益のために売主のためにならない悪いことをしているところもあります。 こちらでは不動産屋悪いことをしているというのはどういうことなのか、解説しております(^^)

 


 

  マンションの売却を不動産屋に依頼すると、 不動産屋はあなたの物件をレインズに登録します。

 

 レインズ(Reins)とは、(real estate information network system)の頭文字をとったもので、簡単にいうと不動産情報の共有ネットワークシステムです。

 

このレインズに物件情報を登録しておけば、全国どこの不動産屋でもあなたの物件の情報を見ることができるようになります。つまりレインズに登録すれば、全国どこの不動産屋に購入希望者が現れても、条件さえ合えばあなたの物件を紹介してもらえるということになります。

 

ここで売主(あなた)はA不動産にマンション売却を依頼していました。
その物件をレインズで見たB不動産がA不動産に「希望者がいますので、内覧させていただいてもいいでしょうか?」と連絡します。

 

正しいやり方としては、ここでA不動産がB不動産に「いいですよ。」と言い、
B不動産が希望者を内覧させ条件がよければ購入に至ります。

 

しかしA不動産が悪徳業者で悪いことをしていたとします。
B不動産から「希望者がいますので、内覧させていただいてもいいでしょうか?」と連絡が入りました。A不動産は「あ〜もう売れちゃいました。」と言います。もちろん内覧希望者も来ません。

 

なぜA不動産はこのようなことをしたのかというと、「両手商売」がしたいからなのです!
両手商売とは売主からも買主からも仲介手数料をもらうということです。

 

もしB不動産屋が連れてきた希望者で売買が決まると、売主からの仲介手数料はA不動産に、買主からの仲介手数料はB不動産に入ります。しかしA不動産が買主を見つけてきた場合は、A不動産に売主と買主両方から仲介手数料が入るのです。

 

怖いやり方ですね(^^;)
こんなことをされるとレインズに登録しているのに意味がないですし、
買主もなかなか見つからず売主にとっては何のメリットもないのです。

 

こんなことをする不動産屋は実は大手でもあります。
大手の場合は購入希望者もたくさん抱えていますので、このやり方でも買主が見つかることが多いからです。 しかしやはりレインズを使うのと使わないとでは、マンションが売れるか売れないか大きく変わってきてしまうのです。

 

ページの一番上へ>          次のページ→不動産屋は中古より新築を勧めたい

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→