知っておきたいマンション売却の基礎知識

購入申込書のチェック項目

購入申込書のチェック項目

 あなたのマンションを気に入ってもらえたら、購入希望者から購入申し込みがあります。
こちらのページでは、購入申込書チェック項目について解説しております(^^)

 


 

 売主のマンションを気に入ってもらえたら、購入希望者から購入申し込みがあります。
購入希望者には購入申込書を記入してもらうのですが、大切なことがいくつか書かれてありますので、どこをチェックしたらよいのか解説したいと思います(^^)

 

購入希望価格

 

購入希望者が売主のマンションを購入したい価格です。だいたい売り出し価格より安く書かれていますので、購入希望者がどれぐらいの値引きを希望しているのか確認しましょう!

 

住宅ローンの借入予定額

 

マンションを現金一括で購入する人はなかなかいませんので、ほとんどの場合住宅ローンを組みます。住宅ローンを組むためには銀行などの審査に通らなければならないので、審査に通る見込みがあるのか、不動産屋にお願いして購入希望者側の不動産屋に聞いてもらいましょう!

 

もし審査に通らなければ住宅ローンを組めないので、すべての話が白紙に戻ってしまいます。この場合、時間だけが無駄に過ぎてしまいますので注意しましょう!

 

手付金の額

 

マンションの売買契約を結ぶ際、買主が売主に支払うお金を手付金といいます。手付金を渡した買主の事情で契約を解除するときは、それまで支払った手付金を放棄しなければなりません。反対に、売主の事情で契約を解除する場合は「手付け倍返し」といって、受け取っている手付金を全額返却すると同時に、手付金と同額のお金を買主に渡さなければならないと決められています。

 

手付金は売買価格の10%が相場となっております。
もしこれよりもかなり低い場合は、簡単に契約を切られることも考えられるので、
最低でも5%程度にまで上げてもらいましょう!

 

本契約の時期

 

本契約とは正式に売買契約をする。所有権が売主から買主に移転するということです。
購入申し込みの時点ではまだ正式な契約ではありませんので、本契約は早ければ早いほどいいです。途中で気が変わられても困りますからね(^^;)

 

引渡しの時期

 

マンションを売った後に住む新居がまだ決まっていない場合は、すぐに決まるとも限らないので、余裕をもった引渡し時期にする必要があります。先に売買契約をして3ヵ月後に引渡しということも可能です。

 

以上が購入申込書のチェック項目です。

 

購入申込書は買主と売主の意思疎通をする重要なツールですので、
上記の項目をきちんと確認しておきましょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→マンション売却にかかる諸費用

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→