知っておきたいマンション売却の基礎知識

売主と買主の考え方の違い

売主と買主の考え方の違い

  こちらのページでは、売主と買主考え方の違いについて、解説しております(^^)

 


 

 マンションを売買するという経験はほとんどの方がはじめてか2回目と、
初心者である場合がほとんどです。

 

マンションを売却する場合に知っておいてもらいたいのが、
売主と買主の考え方の違いです。

 

それは"売主は少しでも高く売りたい!買主は少しでも安く買いたい!"ということです。
当然といえば当然なのですが、これを本当に理解できている方って少ないのです。

 

初心者の売主の方に多いのですが、"できるだけ高く売りたんです!"と不動産屋に主張しますよね。逆に買主も"できるだけ安く買いたいんです!"と主張します。

 

この2つを同時に実現させるなんて到底不可能です。
なんでもつらぬく矛と絶対につらぬかれない盾と同じように矛盾しています。

 

矛盾していると売買は成立しませんので、どちらかが折れるか、両者が折れるかしか道はありません。この場合、売主と買主は対等な関係にありますから、どちらもある程度折れることが必要なのです。

 

マンションの売買にはある程度の妥協が必要ということを覚えておいてくださいね。

 

ページの一番上へ>          次のページ→不用品を置いたまま売りにだしている

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→