知っておきたいマンション売却の基礎知識

買主を敵だと思い込んでいる売主

買主を敵だと思い込んでいる売主

  こちらのページでは、買主を敵だと思い込んでいる売主について、解説しております(^^)

 


 

 売主さんの中には買主と聞いた途端「どんなやつだ?」といきなり敵意むき出しの方がいます。なぜそうなるのかわかりませんが、値引き交渉や建物のマイナス箇所を指摘される度に、「値下げさせるつもりだろ。」と勝手に思い込んでしまっているのです。

 

売主さんが買主に敵意をもっていると、買主にもその気持ちは伝わります。
例えば内覧の時です。内覧の時にもどこか売主の様子がおかしい。
受け答えも変な感じで、話もはずまない。こんなことでは買ってくれるわけありませんね(^^;)

 

よく漁港なんかでやるセリってあるじゃないですか。あれは業者同士が競い合って魚の価格を決めるわけですから、敵意むき出しでも構いません。

 

しかし不動産の売買って、ある意味人の人生を形作るものですから、
もっとヒューマンな取引でないといけないのです。

 

あなたが買主の立場になって考えてみてください。
親切にほがらかに対応してくれる売主と、なんだか様子がおかしい売主(笑)どちらから物件を購入したいですか?もちろん親切にほがらかに対応してくれる売主ですよね。

 

あなたが売主になる場合の心構えとして、
"買主は敵ではなく、自分の家を購入してくれるお客様"という風に心に刻んでおきましょう!
そう思っていれば自ずと買主と接する態度にも現れ、暖かい取引ができることでしょう。

 

ページの一番上へ>          次のページ→内覧者を迎える準備ができていない

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→