知っておきたいマンション売却の基礎知識

不動産屋・不動産業者の種類

不動産屋・不動産業者の種類

 こちらのページでは、不動産屋・不動産業者種類について解説しております(^^)

 


 

 一口に不動産屋といっても取り扱う物件によってさまざまな業者があります。
どのような種類があるのか、ブラックなものも含めてご紹介したいと思います(^^)

 

賃貸専門業者

 

賃貸マンション・アパート・貸家を専門にあつかう業者です。
賃貸情報雑誌やインターネットを駆使して集客します。
お店の看板に"賃貸"と目立つように書いてあることが多いです。

 

地元不動産業者

 

賃貸物件・売買物件ともに扱っていて地域に根ざした業者です。
「地の不動産」という言い方をしますが、昔からの顧客を持っている場合もあります。

 

大手不動産業者

 

全国各地に支店を持ち、主に住宅の仲介を専門に扱う業者です。

 

開発業者(建て売り等)

 

仲介をあまりせず、住宅を建てて売る「建売住宅」を供給する業者です。

 

大手開発業者

 

土地を仕入れ分譲マンションや大規模団地などを建設し販売する業者です。
「不動産ディベロッパー」と言ったりします。

 

競売物件専門業者

 

住宅ローンが払えず差し押さえられた競売物件を専門に扱う業者です。
競売物件というのは権利関係が複雑な場合が多いので、それをすべて整理し一般に売り出します。

 

地上げ屋

 

古いアパートや土地を持っている所有者に立ち退いてもらい、細切れの土地を1つの大きな土地にまとめて販売する業者です。半ば強引な手段で立ち退いてもらうこともあり、悪いイメージがついています。

 

走り屋

 

仕入れた不動産情報や顧客情報を多数の業者に流す業者です。情報が不明確なこともあります。不動産屋というよりも個人でやっているようなことも多いです。

 

無免許業者

 

不動産売買の免許を持たず、債権物件、その他問題のある物件を専門に扱う業者です。 もちろん法律違反です。

 

一口に不動産屋、不動産業者といってもさまざまな種類があります。
知識として知っておいてくださいね(^^)

 

ページの一番上へ>          次のページ→不動産屋の専門分野を見極める!

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→