知っておきたいマンション売却の基礎知識

司法書士報酬(抵当権抹消費用)

司法書士報酬(抵当権抹消費用)について

 こちらのページでは、マンションを売却する際にかかってくる
司法書士報酬(抵当権抹消費用)について解説しております(^^)

 


 

 マンションを売却する際に抵当権の抹消が必要になってくるケースがあります。
抵当権(ていとうけん)と聞くとなにやら難しそうな印象を受けますが、
抵当権がついている=住宅ローンを組んでいると解釈しておくとよいでしょう。

 

マンションを購入した際に登記簿というものをもらっていると思いますが、
登記簿には"あなたが住宅ローンを○○円借り入れている"という内容も記載されておりますので、 マンションを売却した際その内容を抹消する(訂正する)必要があります。

 

ですので、そもそも住宅ローンを組んでいないマンションの場合は、この抵当権抹消費用はかかりません。ローンを完済した場合は、そのときに抵当権抹消費用がかかります。

 

抵当権抹消手続きは、通常司法書士に依頼することになります。
司法書士は不動産屋が紹介してくれます。

 

司法書士に抵当権抹消手続きをしてもらったときの報酬ですが、
だいたい2万円〜3万円程度が相場です。

 

ページの一番上へ>          次のページ→譲渡所得税

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→