知っておきたいマンション売却の基礎知識

マンション売却にかかる税金

マンション売却にかかる税金

 こちらのページでは、マンションを売却した際にかかってくる税金について解説しております(^^)

 


 

 マンションを売却すると多額のお金が入ることになります。
そのお金は所得となりますので、かかわってくる税金としては「所得税」「住民税」です。

 

例えば3500万でマンションが売れたとします。
では「この3500万円の利益に対して税金がかかるのか?」というとそうではありません!

 

マンション売却によりかかる税金っていうのは、
そのマンションを買った額より売った額の方が大きくなった場合にかかります。

 

例えば、3000万でマンションを買ったのに3500万でマンションが売れた場合です。
こんなことはほとんどありませんが、、、。
この場合500万円の利益がでたことになります。

 

では「500万円に対して税金がかかるのか?」といわれると、
またまたそうではないのです!

 

そのマンションを購入したときにかかった諸費用(仲介手数料や取得費用)を全て差し引くことができるので、500万円利益があったとしても、純利益はもっと下がることになります。

 

さらに住宅用として利用していたマンションなら「3000万円の特別控除」が受けられるので、 実際マンション売却で税金がかかってくるケースっていうのはほとんどないんです!

 

簡単にまとめると、マンションを売却することによって、3000万円以上の利益がでなければ、「所得税」も「住民税」もかからない!ということです。

 

ページの一番上へ>          次のページ→譲渡所得税の計算方法

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→