知っておきたいマンション売却の基礎知識

先に売却して賃貸に仮住まいする方法

先に売却して賃貸に仮住まいする方法

 こちらのページでは、先に売却して賃貸仮住まいする方法について解説しております(^^)

 


 

 マンションを売却すると自分の住む場所がなくなりますので、
買主に引き渡すまでに新居を探し引っ越しをしておく必要があります。

 

ここで先に売却して賃貸に仮住まいする方法があります。
これは住んでいるマンションを売却して、売主は一旦賃貸に仮住まいしその後新居を探す方法です。

 

この方法のよいところは、一旦賃貸に仮住まいしますので急いで新居を探さなくてよいので、じっくりと物件を吟味する時間があります。また売却する際も仮住まいが決まっているので、買主が現れればすぐにでも引き渡すことができます。

 

逆にこの方法の悪いところは、一旦賃貸に仮住まいすることになるので、やはり引越しという手間がかかるということです。

 

しかしここで考えて欲しいことが”あせっていいことはない”ということです。

 

例えばマンションを売却してその後即新居に移り住むとなると、売却が決まってから新居に移り住む手続きをしなければならないので、時間的にバタバタします。また新居が新築でまだ完成していないとなると、買主に引渡しを待ってもらわなくてはなりません。

 

せっかく長く住むことになる新居に移り住むのですから、なるべくじっくりと時間をかけて吟味していく方が、後々自分自身が納得のいく結果がでてくると思います。

 

 ですので買い替え(住み替え)をする際は、できれば一旦賃貸に仮住まいし、ゆっくりとマンション売却を進め、じっくりと新居を吟味し、時間に余裕を持った進行にする方がいいのです。

 

ページの一番上へ>          次のページ→不動産屋・不動産業者の種類

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→