知っておきたいマンション売却の基礎知識

住宅ローンが払えず、物件も売れない

住宅ローンが払えず、物件も売れない

 こちらのページでは、マンション売却に関してよくある質問である、
住宅ローンが払えず、物件も売れないについて解説しております(^^)

 


 

 現在日本は深刻な不景気です。そのような経済情勢の中、
マンションの月々の住宅ローンが払えなくてお困りの方が増えています。

 

タイトルにもありますように、"住宅ローンが払えず、物件も売れない "という状況は、
会社を解雇されたり病気になったりして、毎月の住宅ローンの支払いが困難。
しかもマンションを売却したとしても、住宅ローンのすべてを支払えるわけではないという状況です。

 

マンションの住宅ローンを抹消するには、全額返済しなければならないのですが、
マンションを売っても住宅ローンを支払いきれない場合は、住宅ローンを抹消できません。

 

こうなるとどうしようもなくなったと思い、自殺まで考えてしまう方もおられます。
しかしこのような状況になっても、できるだけ損失を少なくマンションを売却する方法があるのです!それが"任意売却"です。

 

住宅ローンを滞納し続けると住宅ローンの借入先が、担保不動産の競売の申立てを行います。簡単に言うと、「住宅ローンを払ってくれないから、担保(人質)にしている不動産を売って、住宅ローンの返済にあてよう!」ということです。

 

こうなるとあなたの物件は競売物件として二束三文で売られてしまい、あなたの手元には1銭も残りません。しかし任意売却であれば手元にお金を残すことができます。

 

任意売却は普通の売却と手順はほぼ同じです。

 

任意売却を専門に行う不動産事業者に相談する売却不動産の査定専属専任媒介契約の締結販売活動購入申込書取得債権者交渉売買契約成立引越し 決済と物件の引き渡し

 

以上のように手続き上は普通の売却とほぼ同じです。
しかし違う点は、任意売却の場合、不動産屋が金融機関に引越し代やその他の諸費用を交渉してくれ、売主の手元にいくらか残してくれるのです。

 

手元に1銭も残らず競売物件として売られてしまうより、少し手元にお金を残しておいてくれる任意売却の方が、新生活をスタートさせやすいのです。

 

ページの一番上へ>          次のページ→TOPページへ

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→