知っておきたいマンション売却の基礎知識

値下げに対する考え方

値下げに対する考え方

 マンションを売りに出すと、値下げをする物件がたくさんあります。
こちらのページでは、値下げに対する考え方についてお話しています(^^)

 


 

 マンションを売りに出すときに、時間的に余裕のある売主の場合、
相場より少し高めにだすことが多いです。

 

ここで運良く買い手がつけばよいですが、この不景気ですからやはり相場より高く出してもなかなか買い手が現れないことが多いです。

 

いくら時間的に余裕があるといっても、1年や2年放っておくわけにはいきませんから、
売主は不動産屋と相談の上、値下げというものをします。

 

値下げをしてもすぐに売れるとはかぎりません。
なぜなら売主と買主の考え方にギャップがあるからです。

 

売主としては、「値下げしたから売れるはず!」と思うでしょう。
しかし買主としては、「値下げしたということは高く出していたから、買い手がつかなかったんだろう。もう少し値下げしないかな?」と様子を伺うのです。

 

つまり売主としては、値下げによりすぐに売れる物件であると思っていますが、
実は値下げにより適正価格になっただけなので、すぐに売れるとは限らず、
その適正価格で始めて買主を探すということができるようになります。

 

値下げに対する売主と買主の考え方の違いというものを、知っておきましょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→良いことばかりを言う不動産屋を信じる

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→