知っておきたいマンション売却の基礎知識

値引き交渉されたら

値引き交渉されたら

 こちらのページでは、マンションを売りに出していて買い手が決まったあとに必ずといっていいほど行われる、 マンション価格値引き交渉について解説しております(^^)

 


 

 例えばマンションを2500万円で売りに出していたとします。
めでたいことに買い手が現れたと不動産屋から電話がありました。
それでは2500万円で契約成立!となるのは、非常にまれなケースです(^^;)

 

今の日本は大変な不景気です。
買主はいいものをできるだけ安く買いたいので、
ほぼ100%値引き交渉をしてくると考えておくべきでしょう!

 

このとき値引き交渉に応じるべきか否かですが、
あまりにも無茶な値引き交渉でない限り応じるべきです。

 

無茶な値引き交渉とは、2500万円の物件を500万値引きしてくれっていうのは無茶ですが、
100万値引きしてくれっていうのは、妥当な範囲です。
物件価格がもっと高ければ、200万程度の値引きも妥当な範囲です。

 

2500万円で買い手が決まって100万円の値引き交渉をしてきた場合、
「じゃあ50万でいかがですか?」と不動産屋に提案します。

 

すると不動産屋から買主にその話が伝わり、
再度「では80万値引きでどうでしょうか?」と返答が返ってきます。
ここが落としどころで、これで売主がOKすれば気持ちよく交渉成立です!

 

ここで値引き交渉にまったく応じなければどうなるでしょうか?
買主も馬鹿ではありませんから、マンション価格が相場より高いか低いかわかっています。
高い場合は当然値引き交渉をします。

 

相場より高いにもかかわらず売主が値引き交渉に応じなければ、
半年から1年は買主が決まらないという事態に陥ります。

 

1年売れなければ最低100万円は価格を下げて売り出しますから、
結局損をすることになってしまいます。

 

このような事態を防ぐためにも、値引き交渉には快く応じて、
落としどころでいさぎよく売ってしまうのが賢い方法
だといえます。

 

「でもできるだけ2500万で売りたい!」という場合もあるでしょう。
この場合2500万という価格が、売りたいマンションの価値に妥当であるならば、
2580万で売り出すという手法もあります。

 

これは値引き交渉があること前提で売り出す方法で、
不動産屋もこの方法を薦めてくるでしょう。

 

売りに出された中古マンションの価格で、3000万とか5000万とか切りのいい数字はほぼなくて、だいたい3080万とか5240万とかになっています。

 

これは3080万の物件なら80万程度の値下げ、
5240万なら40万程度の値下げなら可能ですよ。ということを暗に示しているのです。

 

ページの一番上へ>          次のページ→売渡承諾書を発行しよう!

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→