知っておきたいマンション売却の基礎知識

物を置いていこうとする売主

物を置いていこうとする売主

  こちらのページでは、物を置いていこうとする売主について、解説しております(^^)

 


 

 売主の中には自分が使っていた家具や照明、物置などを置いていこうとする方がいます。
「まだ使えるから買主に譲ったら喜ぶだろう。」と思ってのことかもしれませんが、
本音は「捨てるのにもお金がかかるからなんとか置いていこう。」ということですよね(^^;)

 

新居に住むと家具や電化製品などをすべて新調し、
お気に入りのものに囲まれて生活したくなるのは当然です。
しかし不用品の処分を買主に押し付けてはいけません。

 

買主によってはうれしいものもあります。
しかし人には好みがありますから、売主が喜ぶだろうと思って置いていったものでも、
買主にとっては迷惑行為になる可能性が高いのです。

 

ですからマンションを売り渡す場合、
あくでも基本は"何も物を置いていかない"ということです。

 

もし本当に使えるもので捨ててしまうのももったいないというものであれば、
不動産屋を通し買主に必要かどうか聞いてもらいましょう!

 

「もし必要でなければこちらで処分します。」ということを付け加えておけば、
買主に好印象を持ってもらえることでしょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→管理費・修繕積立金を滞納している

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→