知っておきたいマンション売却の基礎知識

購入申し込みがあったら

購入申し込みがあったら

 あなたのマンションを気に入ってもらえたら、購入希望者から購入申し込みがあります。
こちらのページでは、購入申し込みがあったらについて解説しております(^^)

 


 

 売主のマンションに購入希望者が内覧に来ました。
購入希望者は気に入ったので、購入したいと思いました。
そこで購入希望者が書く書類が、購入申込書というものです。

 

購入申込書はあくまで申し込んでいるだけなので、
契約書を交わすまでは売主も買主もキャンセルすることができます。

 

 さてこの購入申込書ですが次のようなことが書かれています。

 

・マンション名・住所など物件の概要
・買主が購入したい価格
・住宅ローンを利用するか
・手付金の額
・契約時期
・氏名・捺印

 

以上のようなことが書かれています。

 

ここで一番注意して欲しいところが、買主が購入したい価格です。
ここに書かれている価格はあくまでも買主が購入したい価格ですから、
当然売主が売り出している価格より安く書いてある場合がほとんどです。
つまり「値引きして欲しい。」と申込書に書いてあるのです。

 

例えば売主が1980万円でマンションを売り出していたとすると、
だいたい端数をきった1900万円と書かれてあります。

 

売主の気持ちとしては、「せっかく購入申し込みをしてくれた買主さんだから、値下げしないとキャンセルされそうで怖いな。」と思うかもしれませんが、ある程度は交渉に応じてあげないといけませんが、売主もある程度強気で大丈夫です。なぜなら買主さんにとってもやっとめぐり合えた理想の物件だからです。

 

ですのである程度の値引きはしてあげますが、1900万で了解しなくてもいいです。
ここでおすすめなのが、買主にいくらまでならだせるのか聞いてみるのです。

 

このようにすればズルズルと値下げを要求されずスムーズに決まることが多いです。
例えば購入希望者が「1930万円までならだせる。」と言ってきたとしましょう。売主が「では1950万円までなら値下げできます。」と言います。ここで買主がOKをだせば交渉成立です。買主がOKをださなくても、1940万円程度で決まることになります。

 

以上のように購入希望者が現れると、必ず値下げ交渉というものがあり、
ある程度は値下げにも応じてあげると、スムーズに売却までたどり着くことができるようになります。

 

ページの一番上へ>          次のページ→購入申込書のチェック項目

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→