知っておきたいマンション売却の基礎知識

売り出し価格の決め方

売り出し価格の決め方について

 こちらのページでは、マンションをいくらで売り出すのか、
売り出し価格決め方について解説しております(^^)

 


 

 マンション売却を不動産屋に依頼すると、
いくらで売り出すのか、いくらで売りたいのかなどを不動産屋と打ち合わせをします。

 

その際、不動産屋が売主(あなた)のマンションを査定するのですが、
その査定価格を元にいくらで売り出すのか決めていきます。

 

 まずこの査定価格ですが、現在主流は「取引事例法」というものを使っています。
どういうことかとういうと、同じマンションの別の部屋がこの価格で売れたとか、
近所の同じようなマンションがこの価格で売れたなど、過去の取引事例を参考に決定しています。

 

実際に売れた価格ですから、精度が高い査定方法なのですが、
この査定方法にも弱点があって、そのときの売却背景がわからないということと、現在と過去では事情が異なっているということがあります。

 

例えば近所の同じようなマンションが2500万で過去に売れていたとしましょう。しかしそのマンションの売主は、新居を先に購入していたので、早く売りたかったので相場より安く売り出していたかもしれません。

 

また過去に2500万で売れた時期はまだマンションが売れやすかったのが、現在は急激な景気の冷え込みで中古マンションが一気に売れにくくなっているかもしれません。

 

このように売却背景がわからないのと過去の事情がありますので、
査定価格通りに売れると思い込むのは危険です。

 

そこで現在のマンション情勢の知識と経験をお持ちの不動産屋と相談しながら、
現在だとどれくらいの価格でマンションが売れるのかを決めていくのです。

 

中には「住宅ローンの残りがあり、この額以下では絶対に売れない!」という事情がある方も多いと思いますので、そういった事情もすべて不動産屋に伝えて相談しながら、売り出し価格を決めていくのです。

 

ページの一番上へ>          次のページ→「売りたい価格」「売れる価格」「売ることができる価格」を決めよう!

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→