知っておきたいマンション売却の基礎知識

決済とは

決済とは

 こちらのページでは、決済について解説しております(^^)

 


 

 不動産を売却する場合には、売買契約の後に"決済"という日があります。
簡単に言うと、"実際にお金を動かす日""名義変更を申請する日"です。

 

決済は売主・買主・不動産屋の三者が同じ時間、同じ場所に集まり、 次のことを一度に行います

 

買主から売主への代金の支払い

売主から買主への所有権の移転手続き

売主が不動産屋や司法書士への報酬の支払い

 

数百万〜数千万円が動く取引ですから、三者が集まり一度にこれらの取引を行います。
決済には必ず司法書士が同席し、書類のチェックや名義変更(登記)に必要な書類の確認をします。

 

売買契約だけではまだ完全にマンション売却が成立したとは言えず、
決済が終了した時点ではじめて、マンションの売却が成立しすべてが完了したといえるのです!

 

ページの一番上へ>          次のページ→売買契約・決済の流れ

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→