知っておきたいマンション売却の基礎知識

不動産の媒介契約の種類

不動産の媒介契約の種類

 こちらのページでは、不動産屋との契約で、
不動産の媒介契約の種類について解説しております(^^)

 


 

 マンションを売りに出すときに普通不動産会社を通して買主を探してもらいます。
個人で売りに出すこともできないことはないですが、数千万という売買契約になりますので、
安全面も考慮して事実上不可能と考えてよいでしょう。

 

 さて、マンションを不動産屋に頼んで売りに出すときには、必ず契約をします。
不動産屋としても他人の不動産を勝手に売りに出すことはできませんので、
必ず不動産屋と売主の間で媒介契約というものをすることになります。

 

媒介契約とは、私(売主)の売りたい不動産(マンション)を、 あなた(不動産屋)に依頼しますという宅地建物取引業法で定められた正式な契約です。

 

この媒介契約には3種類ありまして、
専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約というものがあります。

 

それぞれの契約でできることできないこと不動産屋のがんばり度も変わってきますので、 次のページからそれぞれの特徴をみていきましょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→専属専任媒介契約とは

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→