知っておきたいマンション売却の基礎知識

どの媒介契約が一番良いのか

どの媒介契約が一番良いのか

 こちらのページでは、専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の中で、
結局のところどの媒介契約が一番良いのかについて解説しております(^^)

 


 

 さて、専属専任媒介契約とは専任媒介契約とは一般媒介契約とは
で解説してきましたので、だいたいそれぞれどのような特徴があるのか理解できたと思います。

 

でも一番みなさんが聞きたいところは、
「で、結局どの媒介契約が一番いいの?」っていうところだと思います。

 

結論から言うと、
専任媒介契約(専属専任媒介契約を含む)が一番いい!”です。

 

理由は2つあります。
1つ目は、”現在の不動産情報のしくみ”と、
2つ目は、”不動産屋は成功報酬”ということです。

 

 まず1つ目の”現在の不動産情報のしくみ”についてですが、
昔の不動産屋はどのようにして物件を宣伝していたかと言うと...。

 

まず不動産屋に売主がきます → 知り合いの不動産屋にFAX等で「こんな物件を売りたい人がいますから、買主が現れたら教えてください。」と物件情報を連絡します。

 

聞いただけで非効率かつ範囲の狭い宣伝活動です(^^;)
持ちつ持たれつで宣伝活動をやっていたわけです。

 

しかしインターネットというものが普及してから、
全国の不動産情報を集めた”レインズ”という不動産ネットワークができました。

 

レインズに登録している不動産屋なら、
全国どの物件でもお客さんに紹介できるようになりました。
現在の不動産屋なら、個人でやっているようなところでもほぼ100%登録しています。

 

ですので、例え一般媒介契約で複数の不動産屋に売却依頼しても、
結局みんなレインズに物件を登録して買主を待つだけなので、
昔ほど複数の不動産屋に売却依頼する意味がなくなってきています。

 

 2つ目の、”不動産屋は成功報酬”ですが、
不動産屋は物件を売ってなんぼの世界で生きています。
物件を自分の店の仲介で売らなければ、どれだけ宣伝費用をかけていたとしても、
1円も入りません!徒労に終わってしまいます。

 

ですので不動産屋の立場として、一般媒介契約で売却依頼されていたとしたら、
もしかしたら他の不動産屋で売却されてしまうかもしれませんから、
それほど宣伝費用をかけることができません。

 

 以上のように一般媒介契約では、
昔ほど複数の不動産屋に売却依頼する意味がなくなってきている。
他の不動産屋にとられるリスクがあるので、それほど宣伝費用をかけられない。

というデメリットがあります。

 

それなら専任媒介契約(専属専任媒介契約を含む)で、
1社に絞ってきちんと宣伝費用をかけてがんばってもらった方がいいわけです。

 

ページの一番上へ>          次のページ→媒介契約と仲介手数料の支払い

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→