知っておきたいマンション売却の基礎知識

任意売却・競売とは

任意売却・競売とは

 こちらのページでは、マンション売却に関してよくある質問である、
任意売却競売とはについて解説しております(^^)

 


 

 マンションが任意売却物件競売物件として売り出されていることがあります。
普通のの物件の相場より安いのですが、どちらも少し訳アリです(^^;)
任意売却、競売とはどのようなものか解説すると共に、両者の違いについてお話したいと思います。

 

 

 まず競売物件からお話しますが、
マンションなどの不動産を購入するときには一般的に住宅ローンを組みます。
この住宅ローンを組むときには、購入した不動産を担保(人質みたいなもの)にします。

 

この住宅ローンを支払わず滞納していると、やがて銀行などの借入先が担保不動産の競売の申立てを行います。簡単に言うと、「住宅ローンを払ってくれないから、担保(人質)にしている不動産を売って、住宅ローンの返済にあてよう!」ということです。

 

競売になるとあなたの意思に関係なく売却が進められます。売れたお金はすべて住宅ローンの返済に充てられ、あなたには一銭も残りません。しかも、競売では、ほとんどの場合市場より非常に安い価格でしか売れないため、家を失った後もたくさんの借金が残ります。

 

以上のように競売とは非常に厳しい内容なのです。

 

 次に任意売却物件についてですが、
競売物件と似ているのですが違うところは、競売物件は銀行などの借入先に住宅ローンの形として無理やり売られるのとは違い、住宅ローンを払えないから銀行と借主が相談合意の上売却を進めていくというところです。

 

任意売却だと相場よりは安いですが、競売物件ほど安くなく相場に違い価格で売ることができ、後に残る借金も少なくすることができます。また借入先との交渉により、引越し時期の相談や引越し費用などを残してもらえたりすることもあります。

 

 簡単にいうと任意売却の場合、「きちんと銀行に相談してくれたから、できるだけ借主を救ってあげる形にしてあげよう。」ということです。

 

 以上のように任意売却物件と競売物件には住宅ローンを支払えなくなって不動産を売るということは同じですが、売れる価格交渉ができる部分などが違いますので、もし住宅ローンが支払えなくなったら、無視して競売にかけられるよりは、早めに相談・交渉して任意売却にした方が有利ということです。

 

ページの一番上へ>          次のページ→管理費を支払っていない分(滞納)がある

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→