知っておきたいマンション売却の基礎知識

物件のマイナス要因を隠そうとする

物件のマイナス要因を隠そうとする

 自分のマンションを売りたい気持ちはわかります、
でも物件マイナス要因を隠そうとするのはダメダメな考え方なのです(^^;)

 


 

 マンションに限らず売却物件には必ずマイナス要因があります。
売主としてマイナス要因を隠したい気持ちはわかるのですが、
隠すと後々トラブルになる可能性が高いものもあります。

 

不動産屋には告知義務というものがありまして、
「知っていたら買わなかったとか、借りなかった」事項は、
重要事項説明で買主に知らせないといけません。

 

もしこれを怠って後で裁判なんてされたら、
契約の解除だけでなく、損害賠償の請求をされることだってあるのです。

 

特に気をつけなければいけないのが、自殺殺人のあった物件です。
これは明らかに知っていたら買わなかったと言われますので、必ず告知する義務があります。
もし隠して売ったとしても、後々ご近所から買主の耳に届いてしまいます。

 

以上のようなこともありますので、物件のマイナス要因は隠そうとせず、
もし聞かれたらきちんと答えてあげるようにしましょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→「できるだけ早く、高く売ってください」は無理!

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→