知っておきたいマンション売却の基礎知識

マンションの売却を始める前に準備するもの

マンションの売却を始める前に準備するもの

 こちらのページでは、
マンションの売却を始める前に準備するものについて解説しております(^^)

 


 

 マンションの売却を進めていく際には、
不動産屋に連絡したり打ち合わせをしたりといったことを何度かしなければなりません。


マンションの持ち主はあなたですから、あなたが自分のマンションについて不動産屋に教えなければいけないこともありますので、きちんと資料を準備しておく必要があります。
準備しておくべきものは下記です。

 

マンションを購入したときの売買契約書

住宅ローンの支払い明細書

固定資産税・都市計画税の明細

毎月の維持費がわかるもの

権利証

 

以上のものを前もって準備しておけば、不動産屋との打ち合わせにも困ることはないです。
それぞれの準備物について、簡単にご説明いたします(^^)

 

マンションを購入したときの売買契約書

 

売買契約書には、いつ、だれが、いくらでその物件を購入したのかわかりますし、その物件の詳細な情報が載ってありますので、不動産屋が欲しい情報がたくさん載っています。不動産屋に聞かれてわからないことも、これを見ればすべて載っています。

 

住宅ローンの支払い明細書

 

住宅ローンを毎月どのくらい支払っているのか、あとどのくらい残っているのかが確認できます。住宅ローンの残り具合で、物件価格をいくらで売り出さなければいけないのか目安になります。

 

固定資産税・都市計画税の明細

 

不動産屋は買主に固定資産税・都市計画税がいくらかかるのかを知らせなければならないので、準備しておきます。

 

毎月の維持費がわかるもの


管理費や修繕積立金、駐車場代、その他自治組合費や町会費がある場合も知らせておきます。

 

権利証

 

権利証は最終的な決済当日に必要になりますが、
中には紛失してしまっている人もいますので、再度確認しておきましょう!

 

これらの準備物は たくさんありバラバラになりやすいので、
ファイルにしてまとめておくとよいでしょう!

 

 マンションを売却する人の中には、すべて不動産屋まかせで自分は何もしなくていいと思い込んでいる人がいるのですが、買主自ら動くという姿勢が売却成功の秘訣になりますので、きちんと準備をしておきましょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→レインズとは?レインズのしくみ

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→