知っておきたいマンション売却の基礎知識

譲渡所得税の計算方法

譲渡所得税の計算方法

 こちらのページでは、譲渡所得税計算方法について解説しております(^^)

 


 

 マンションを売却した際に売却代金から購入代金や必要経費などをすべて差し引いて、さらに居住用の場合3000万円の控除がありますので、さらに3000万円を差し引いても利益がでている場合は、譲渡所得税という税金がかかってきます。

 

マンションの価格が下がっている昨今、このような例はあまりありませんが、
譲渡所得税の計算方法を記載したいと思います。

 

譲渡所得は所有期間が5年を超えているか、5年以下であるかで税率が変わります。
5年を超えていると長期譲渡所得といい、5年以下だと短期譲渡所得といいます。

 

所有期間5年超(長期譲渡所得)  
譲渡益ー3000万円×20% (国税(所得税)15% 地方税(住民税)5%)
所有期間5年以下(短期譲渡所得)  
譲渡益ー3000万円×39% (国税(所得税)30% 地方税(住民税)9%)

※譲渡益とは売買代金ー(購入代金+諸経費)です。

 

この計算式で求められるのが売主が支払うべき譲渡所得税になります。
ちなみに所有期間が10年を超える場合は、居住用不動産を売却した場合、6000万円以下の部分の税率は、14%に軽減されます。(低率分離課税の特例)

 

ページの一番上へ>          次のページ→不動産の譲渡日の考え方

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→