知っておきたいマンション売却の基礎知識

収入印紙代

収入印紙代について

 こちらのページでは、マンションを売却する際にかかってくる
収入印紙代について解説しております(^^)

 


 

 マンションを売却する際には、売買契約書を売主・買主の双方に1通ずつ作成します。
その際には売買契約書1通あたりに1枚、収入印紙というものを貼り付けなければなりません。

 

収入印紙とは下の画像のようなものです。
普通の切手みたいなものですが、金額が1円〜10万円まであります。

 

なぜ収入印紙を貼り付けなければならないのかといいますと、これは印紙税という税金になっておりまして、印紙税法という法律で定められた1種の税金なのです。

 

印紙税は経済的取引などに関連して作成される文書に課税される税金ですので、
マンション売却は「経済的取引」で売買契約書は「文書」ですので、1通あたり収入印紙1枚を貼り付けなければなりません。

 

売主と買主に1通ずつ売買契約書を作成しますので、
売主(あなた)は1枚だけ収入印紙を購入する必要があります。
収入印紙の額は物件価格によって若干異なります。下の表を見てみてください!

 

不動産売買「契約書」記載金額
税額
1,000万円を超え 5,000万円以下のもの 1万5,000円
5,000万円を超え 1億円以下のもの 4万5,000円
1億円を超え 5億円以下のもの 8万円

 

例えばマンションが3000万円で売れた場合は、
15000円の収入印紙を貼り付けなければなりません。

 

収入印紙は実際の売買契約のときに必要になりますが、不動産屋が前もって用意しておいてくれるので、不動産屋に収入印紙代としてお支払いすることになります。
※ 自分で用意する場合は郵便局に行けば購入できます。

 

ページの一番上へ>          次のページ→司法書士報酬(抵当権抹消費用)

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→