知っておきたいマンション売却の基礎知識

広告費用をたくさんかければ売れると思っている。

広告費用をたくさんかければ売れると思っている。

 こちらのページでは、広告費用をたくさんかければ売れると思っているのはなぜダメダメな考え方なのか解説しております(^^)

 


 

 マンション売却を不動産屋に依頼すると、不動産屋は宣伝活動を始めます。
売主の物件を多くの人に知ってもらえれば知ってもらうほど、
マンションを購入してもらえる可能性が高くなるからです。

 

マンションを購入してもらうためには、
売主のマンションを気に入ってくれる人が1人いればいいわけですが、
その1人を見つけるのが至難のわざなのです。

 

 マンションがなかなか売れない場合、売主さんの中には「もっと広告費用をかけて、たくさん宣伝してください!そうすれば売れるはずです!」とおっしゃる方がいますが、間違ってはいないのですが、条件によっては間違っている場合があります。

 

それは相場より物件を高く出している場合です。
この場合どれだけ広告費用をかけて大々的に宣伝をしても、結局売れない場合が多いのです!

 

売主の心理からすると、やはり自分のマンションを相場より高く売りたいので、
不動産屋にたくさん広告費用をかけてもらっても仲介手数料は同じですから、どんどん広告費用をかければ、高く売れるんではないかと思うと思います。

 

しかし現実はそう甘くなく、”買主は宣伝に踊らされてマンションを買わない!”のです。
むしろ「これだけ宣伝しているのにまだ売れていないの?何か欠陥があるんじゃ...。」と、さらし物件の道を歩むだけなのです。

 

ですので、広告費用をたくさんかければ売れるというのは、マンションを適正価格で売り出しているときだけということなんです。買主も馬鹿じゃありませんから...。

 

ページの一番上へ>          次のページ→不動産屋のアドバイスに耳を貸さない

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→