知っておきたいマンション売却の基礎知識

決済時に必要なもの

決済時に必要なもの

 こちらのページでは、マンション売却の最終段階である決済において、
決済時必要なものについて解説しております(^^)

 


 

 決済時に必要なものは下記です。

 

物件権利証 売主がマンションを購入したときに発行された権利証です。最も重要な書類です。
身分証明書 運転免許証や保険証などを一通。
実印 印鑑登録したもの。
印鑑証明書 登記上の住所と同じものを1通。
住民票 登記上の住所と同じものを1通。
銀行口座の分かる物 買主から売買代金が振り込まれる口座です。
固定資産税納付書・固定資産税評価証明書(都市計画税納付書) 不動産屋が用意します。
管理規約書・パンフレットなど お持ちでない場合は事前に管理会社や管理組合に請求しておきましょう。
住宅ローン(抵当権)の抹消書類とその費用 住宅ローンの抹消書類は、借入先の銀行や金融機関へ連絡が必要になります。引渡日の1ヵ月前くらいまでには確認しておきましょう。
お住まいの鍵・その他の鍵一式 引渡し時には必ず必要になります。郵便受けや物置などの鍵も含みます。
仲介手数料の残額 売買契約の時に半金支払っておりますので、残りの半金を決済時に支払います。
司法書士報酬 2万〜3万円ほど支払います。

 

以上が決済時に必要なものです。

1つでも不足していると決済ができないということにもなりかねませんので、
必ず準備万端にして決済に望みましょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→売主が決済後にすること(確定申告)

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→