知っておきたいマンション売却の基礎知識

売買契約時に必要なもの

売買契約時に必要なもの

 こちらのページでは、売買契約時必要なものについて解説しております(^^)

 


 

 売買契約当日に必要なものは下記です。

 

印鑑
売買契約書に押す印鑑は実印でなく認印でも構いません。実印は決済時に必要になります。
身分証明書
運転免許証や保険証など。本人と確認できるものを1点。
仲介手数料
仲介手数料の金額は不動産会社によってもさまざまですが、売買契約時に手数料の半額(半金)を支払う場合が多いです。決済の際もう半分を支払います。買主からもらった手付金の一部から支払うケースもあります。
印紙代
印紙は売買契約書に貼り付るために必要になります。印紙代は物件価格が1,000万円を超え 5,000万円以下のものであれば15,000円です。

 

以上が売主が売買契約時に用意しておくものです。
他に必要なものは不動産屋が用意したり、事前に連絡があります。

 

不動産屋によっては他に印鑑証明書や住民票などが必要になる場合もありますので、
事前によく確認しておきましょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→売買契約書のチェックポイント

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→