知っておきたいマンション売却の基礎知識

不動産屋の案内の順番

不動産屋の案内の順番

 こちらのページでは、不動産屋がお客さん(買主)に物件を紹介するときの、
不動産屋案内の順番について解説しております(^^)

 


 

 不動産屋の営業マンがお客さん(買主)に物件を案内するときには、
次のような順番で案内します。

 

【つぶし物件】【引き物物件】【決め物物件】

 

これらは不動産屋の業界用語なのですがそれぞれの意味は...。

 

【つぶし物件】・・・お客さんが気に入らないであろう全然ダメな物件

【引き物物件】・・・お客さんが多分気に入らない程度の物件

【決め物物件】・・・お客さんが気に入るであろう本命の物件

 

以上のような意味があります。

 

 まず【つぶし物件】で現実を見せます。「この予算ならこの程度の物件ですよ。」というような感じです。

 

 次に【引き物物件】を見せて、「この物件はけっこういいんですが、少し希望条件と違います。」と少し希望を持たせます。

 

 そして最後に【決め物物件】を見せて、「ここは予算的にも希望条件にもピッタリです!」とお客さんに決めてもらえるようにアピールします。

 

このような順番で案内することで、お客さんのテンションをドンドンあげていくことができ、購買意欲を高めることができるのです。

 

マンションを売却したい売主としては、売却物件が【つぶし物件】や【引き物物件】にされず、【決め物物件】にされるように努力することが大切です。

 

ページの一番上へ>          次のページ→マンションを「売る」のは「買う」より難しい

サイトのTOPページへ

売るための準備契約について売買契約と決済高く売る方法買い手が決まったら価格査定の罠ダメダメな考え方 売れない理由売却と税金返ってくるお金買い替えについて不動産屋について不動産業界の裏事情不動産質問

 

管理人へのお問い合わせはこちら→